• 技の極意が身につく!合気道

    基本姿勢から体さばき、投げ技、抑え技、実際に役立つ護身術まで!

技の極意が身につく!合気道
  • 8 day money back guarantee
  • 8 Video(s) (Length: 33:55)
nameWith digital certificate

Course Summary

合気道は、開祖・植芝盛平翁(1883~1969)が日本伝統の武術の奥義を究め、 さらに厳しい精神的修行を経て創始した現代武道です。

合気道は、相手といたずらに力で争いません。 入身と転換の体捌きから生まれる技によって、 お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、 心身の錬成を図るのを目的としています。

合気道は他人と優劣を競うことをしないため、 試合を行いません。お互いを尊重するという姿勢を貫く合気道は、 現代にふさわしい武道といえるでしょう。合気道が「和」の武道といわれる所以もここにあります。

護身術として身につけることはもちろんですが、近年ではその健康効果が高く評価されています。その代表とする効果として以下のようなものが挙げられます。

①ダイエットになる。

②姿勢が良くなる。

③バランス感覚が育成され、体のねじれや歪みを矯正する。

④体幹が鍛えられる。

⑤血行が良くなる。

護身術が身につき、体が健康になり、そして心の鍛錬にも繋がる合気道の世界。

ぜひ様々なものを学んでいただければと思います。

【塩田剛三とは】

塩田合気道・宗家 塩田泰久の父である、塩田剛三(しおだ ごうぞう/1915年9月9日〜1994年7月17日)は、東京府四谷区(現・東京都新宿区四谷)出身の合気道家である。

合気道開祖・植芝盛の高で、1954年の日本総合演武大会において最優秀賞を受賞し、卓抜した技量と遊び心溢れる演武で多くの人を魅了した。  

身長154cm、体重45kgと非常に小柄な体格ながら「不世出の天才」と高く評価され、「現代に生きる達人」とも謳われた。

漫画『グラップラー刃牙』に登場する柔術家・渋川剛気のモデルとしても有名である。

Target Audience

  • 体を動かしたい方
  • 新しいことに挑戦したい方
  • 心身ともに健やかでありたい方

Event Seminar

終了 合気道を通して身につく集中力を日々のライフスタイルに活かそう!

06月16日at東京都 江東区東陽3-26-7 もっと見る

終了 【親子セミナー】合気道を通して身につく集中力で成績アップを目指そう!

06月16日at東京都 江東区東陽3-26-7 もっと見る

About Expert

塩田合気道

【塩田合気道】

合気道の開祖・塩田剛三の子息である塩田泰久宗家・宗家子息の塩田将大指導員が合気道の基礎から丁寧に指導いたします。

【指導者紹介】

SIAF代表・宗家: 塩田 泰久

合気道家。父は養神館合気道創始者であり、近代武術の神と言われた合気道の達人・塩田剛三。 

13歳のときから合気道を始め、大学卒業後、広く合気道普及活動を行なうと共に、父の塩田剛三に就いて合気道修行に専念。 1981年より3年間イギリスに在住し、海外における合気道普及の基盤をつくる。また2007年養神館館長として日本はもとより世界中に訪問し合気道を広める。現在、SIAF代表として塩田剛三の合気道を世界中に広めるべく活動中。

[著書]

  • 「対人力」(ソフトバンククリエイティブ)
  • 「合気道上達のコツ50」(メイツ出版)
  • 「技の極意が身につく!合気道」(日本文芸社)
  • 「塩田剛三の合気道」(海竜社)
  • 「呼吸力で人生に勝つ」(講談社)
  • 「実践護身術入門」(竹内書店新社)
  • 「合気道基本技全書」共著(竹内書店新社)  他多数出版。

[テレビ出演]

  • 「たけし・さんまの世界偉人伝説」(日本テレビ)
  • 「さんまのスーパーからくりテレビ」(TBS)
  • 「ナイナイサイズ!」(日本テレビ)
  • 「世界衝撃スゴびっくり!格闘バラエティ」(フジテレビ)
  • 「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ)
  • 「サムライスピリッツ」(NHK) 他多数出演。

道場長: 塩田 将大

1988年7月生まれ。SIAF四段。

塩田泰久代表の三男であり、塩田剛三の孫でもある。2011年度に養神館本部国際専修生として1年間合気道の修行を積み、その後1年間は内弟子として合気道の指導も行う。

現在はSIAF指導者として、祖父・父の塩田合気道を世界中に普及するために活動中。

▲ページトップへ