• 琉球リミテッド #5 ゲスト・伊藤淳

    人気の沖縄ラジオ番組が動画に!

琉球リミテッド #5 ゲスト・伊藤淳
Normal sale(Unlimited duration)
  • Unlimited duration
  • 1 Video(s) (Length: 25:51)
nameWith digital certificate

Course Summary

あなたの毎日に『沖縄』をプラスして、もっと元気にもっとハッピーになりましょう!

武蔵小杉タワープレイスで公開生放送されている人気ラジオ番組・かわさきFM79.1MHz「琉球リミテッド~かりゆし超特急~」が動画になってGoGetterz に登場です。

メインパーソナリティーは、三線シンガーソングライターで、沖縄県竹富町鳩間島出身・竹富町観光大使 のかじくあつし。アシスタントは、沖縄県八重瀬町出身のシンガー・シーサー玉城とうるま市出身島唄POPSシンガー・リサオキ。

この3人で、沖縄の魅力をあますことなくお伝えします。

アーティストや物産情報をはじめ、沖縄に関わるお仕事をされている方、沖縄とゆかりのある方などを紹介していく沖縄番組です。

これからは、いつでもどこでも好きな時に、無料で『沖縄』を楽しんでください。

 

<<今回のゲスト>>

■伊藤淳
沖縄三線奏者、東京都生まれ東京都育ち。通称Atty。
沖縄で古くから伝わる三線を奏でる楽器奏者であり、敬愛する沖縄本島の民謡を中心としつつもジャンルに拘らず様々な歌謡・俗謡などを三線に乗せ唄う「うたいて」でもある。

きっかけは2005年、芸術を志し美術大学で絵画を学んでいたころ、偶然に沖縄に関わる長い歴史を持つ東京中野の街で沖縄の伝統芸能・エイサーに出会う。
民俗学好きだったこともあり、始めは興味本位で太鼓を打つうちに三線の音色に魅せられ、デパートで吊るし売りの三線を勢いで購入。沖縄各地のエイサーを手本に唄三線を学び始める。その後地謡(エイサーの唄い手)として長く研鑽(現在は引退)。本場・沖縄全島エイサー祭りでも地謡を務めた。
東京武蔵野に在りながら沖縄出身の若者に囲まれ、沖縄に通って民謡を学ぶうちに、たまたま訪れた沖縄本島の民謡酒場にてベテラン唄者の方からライブ活動を始めるよう背中を押されたことをきっかけに演奏活動を開始。

生まれ育った東京武蔵野を拠点に各地で活発な演奏を行うと共に、中野の沖縄祭「中野チャンプルーフェスタ」の運営に携わったり、イベントで三線体験を催したりなどと、まだまだ知られていない部分の多い三線の魅力を親しみやすく伝えようと活動を続けている。

また沖縄文化を学ぶためにと琉球料理店でアルバイトしていたことをきっかけに料理好きになり、日々美味しい手作りごはんを求めてごはん日記を更新中。

2013年沖縄県にて、第十回本部ナークニー大会3位入賞(奨励賞)
中野チャンプルーフェスタ実行委員会会員

 

■かじくあつし
日本最南端の町 沖縄竹富町観光大使。
沖縄県八重山郡竹富町 人口50人、周囲4kmの鳩間島生まれ。 
三線アーティストとして数々のステージやイベントに出演する一方、date fm(FM仙台)で『琉球の風~ゆんたくタイム~』かわさきFM『琉球リミテッド~かりゆし超特急』のメインパーソナリティーとして沖縄の魅力を発信する番組を持つなど、全国各地のイベントやメディアを通し、沖縄文化や沖縄観光PRを行う。またプロ野球 セ・パ交流戦 楽天 対 巨人 の国歌斉唱をつとめなどマルチタレントして活躍中。

Target Audience

  • 沖縄ファン

Course Curriculum

About Expert

琉球リミテッド

竹富島観光大使・加治工敦と首里の歌姫・nacil(ナシル) のダブルパーソナリティーでお届けする、かわさきFM79.1MHz「琉球リミテッド~かりゆし超特急~」がスタート。毎週火曜日の18:30~19:30の1時間、武蔵小杉タワープレイスより公開生放送される。かわさきFMは、放送受信エリア外でもインターネットやアプリなので気軽に聞くことが可能。アーティストや物産情報をはじめ、沖縄に関わるお仕事をされている方、沖縄とゆかりのある方などを紹介していく沖縄番組となっている。

■パーソナリティ
加治工 敦 沖縄・鳩間島出身 三線シンガーソングライター
nacil(ナシル) 沖縄・首里出身 三線シンガーソングライター

加治工敦&ナシルへの質問やメッセージを募集中!
メールのあて先 kcity@ kawasakifm.co.jp

 

■加治工 敦
沖縄県八重山郡竹富町鳩間島生まれ。
人口50人・周囲4kmの小さな島から三線文化を広めるために上京。
三線アーティストとして数々のステージやイベントに出演。沖縄民謡と日本文化を融合させたどこか懐かしいノスタルジックな彼独自の音楽は『琉球classic』と呼ばれ、現代の人の心を癒し懐かしさを響かせている。

また、現在日本最南端の町 竹富町観光大使を務め、全国各地のイベントやメディアを通し、沖縄文化や沖縄観光PRを行うマルチタレントとしても活躍の幅を広げている。

1998年から毎年5月3日に鳩間島で開催される“鳩間島音楽祭”を主宰している。
来場者50人からスタートした音楽祭を1500人規模のビッグイベントに成長させた。
沖縄を代表するBegin島袋優、モンゴル800キヨサク、COMA-CHI、池田卓、下地勇他多くのアーティストと共演。
また、最近では百貨店やその他の沖縄イベントのブッキングを担当するなど数々の経験と人脈を活かし、多くのイベント会社とコラボレーションし活動の幅を広げている。

 

▲ページトップへ