• 【2018】だれでもできる!ZBrushで3DCG 基礎講座1

    ハリウッド標準ZBrushで3Dの基礎を学び映画やゲームや映像など3DCGの世界で仕事をする夢を叶えよう

【2018】だれでもできる!ZBrushで3DCG 基礎講座1
Normal sale(Unlimited duration)
  • Ask questions to the expert
  • 8 day money back guarantee
  • Unlimited duration
Use coupon
Please enter your coupon code
  • 27 Video(s) (Length: 01:37:43)
nameWith digital certificate

Course Summary

ハリウッド映画の仕事に興味がある方、デジタルモデリングを始めたい方、3Dプリントに興味がある方、あなたにぴったりの動画コースの登場です! 

このコースは、ハリウッド映画の登場キャラクターのデザインや造形で活躍している「ZBrush」

という3DCGモデリングのソフトを使って、誰でも3DCGモデリングができて、さらに3Dプリントが出来るようになることを目的に構成しています。そんなZBrushという多くの可能性を秘めたエキサイティングなソフトを楽しみ、3DCGモデリングの世界へ足を踏み出してみませんか?

<エキスパート 涌井晃氏メッセージ>

「迫り来るAI、VR、ARなどのデジタル時代の大波を乗りこなそう★」

これは、自分から一歩進んでその波に乗っていこうと私自身がデジタル時代に踏み出すときの思いです。

2017年はARやVRによるコンテンツが続々と登場し始めたデジタル時代の大波の始まりでした。
いままで静止画だったものから動画が当たり前になり、平面だったものが3D化し、
アナログが一斉にデジタルに変わるような変化が様々な業界・業種で本当に起っています。

あなたのお仕事や業界にもきっとデジタル化の波が押し寄せているのではないでしょうか?インターネットがいつからか空気のように当たり前になったように、ものづくりやイラスト、グラフィック、などの世界でもきっと3Dが空気のように当たり前のものになると予想されます。

FaceBookやTwitterのようなSNSの普及で情報や流行の鮮度も短くなり、アイデアがカタチになる工程もデジタル化で格段に早くなりました。今日のアイデアが明日にはカタチになる時代です。

私の知り合いのフィギュア原型師もデジタル化によって年間に作れる作品数が単純計算しても10倍になったといいます。平面から3Dに移行したイラストレーターも、リアルな質感表現やカメラアングルを自由に変更できる3Dに移行したことで、イラストのバリエーションが増え、急な修正にも素早く対応できるといっています。またアクセサリーデザイナーは、3Dで作った指輪のデータをオンライン上にアップロードすれば購入者は自由に金属を選んで指輪を購入できるシステムもあるので、もう金属の在庫を個人で抱えるリスクも必要ありません。

2020年のオリンピックイアーに向けて様々なコンテンツが作られて需要が膨らんでいる中、
今は3Dをはじめるベストタイミングです。

今からでももちろん遅くありません。

ZBrushの全てを理解できなくても構いません。まずは始めること。
実際に触りながら、その都度、必要なテクニックや知識を身につけて行けばいいです。
歩みながら、探しながら、発見しながら、本当に必要な情報や知識のみを
実践的に身につけて行くことは、詰め込むだけという無駄もなく、
学習のテンションをキープしながら上達して行くコツです。

 


この講座は、ハリウッド映画の登場キャラクターの

デザインや造形で活躍している「ZBrush」(ズィーブラッシュ)

という3DCGモデリングのソフトを使って、誰でも3DCGモデリングができて、さらに3Dプリントが出来るようになることを目的に構成しています。

ハリウッド映画やゲームのキャラクターデザイン、フィギュアやおもちゃの原型の業界では、すでにスタンダードになっているこのZBrushは、プロフェッショナルレベルのかなり高度な3DCGを作ることも可能ですが、この初級講座の中ではあえて使用するツールを少数に絞り込むことで、ZBrushの面白みをお伝えする内容になっていますから、3DCG初心者のかた向けの内容です。

実際のフィギュアを作りたいけど、場所や道具を揃えることができなくてもこのソフトで3Dデータさえ作ることができれば、いまでは3Dプリントサービスにデータをアップロードすれば数日後には手元にオリジナルデザインのフィギュアが届きますし、ZBrushの

腕を磨き、英語を学ぶことでハリウッド映画の仕事をしている日本人の方もいらっしゃいます。日本国内の大手ゲームソフト開発企業の多くもZBrushを導入してゲームのリアリティーや臨場感のある表現を実現しています。

そんなZBrushという多くの可能性を秘めたエキサイティングなソフトを楽しみ、3DCGモデリングの世界へ足を踏み出してみませんか?

 

クリエイティブオープンシェアセミナー代表

涌井晃

Target Audience

  • ハリウッド映画の仕事に興味がある人
  • 3DCGの初心者でZBrushを使いたいと思っている人
  • デジタルモデリングを始めたい人
  • 3Dプリントに興味がある人

Course Requirements

  • ZBrushの開発もとのpixologic社のサイトから、45日間使えるZBrushのフリートライアル版をダウンロードしてから受講してください。
  • ZBrush体験版のダウンロードガイダンスは本編チャプター2のコース2でご案内しています。

Course Curriculum

About Expert

akira

長野県出身。

フリーランスの3DCGモデラーとして活動。
ロサンゼルスのデザインスタジオ《Bart Kresa Design》に日本人クリエイターとして参加し、アメリカ、インド、日本を始め世界中のプロジェクションマッピングのショーで用いる3DCGモデルの制作を手がけ、2015年のアメリカのミュージアムでのショーでは全シーンのアイディア構想も手がける。
2016年には日本国内最大のエンターテインメントショー
《ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー》のプロジェクションマッピングの制作にも参加。
2017年
●題名のない音楽会5000回記念プロジェクションマッピング制作に参加
●サンマテオミュージアム150周年記念プロジェクションマッピング制作に参加

また現代美術の作品を制作する立体造形作家としても活動の幅を広げ、
3DCGによる立体造形や陶芸の粘土による作品を制作し、
個展やグループ展、アートフェアにて作品を展示。

またフリーのイラストレーター、キャラクターデザイナーとしても活動し、
ユニバーサルスタジオジャパンのキャラクターの衣装やイラストレーション、
プロジェクションマッピングなどアートワークに携わる。

京都造形芸術大学、大阪成蹊大学などで
デジタルモデリングの講師を勤める。

その他、関西を中心にZBrushを広めるためのセミナーや基礎講座を開催。

▲ページトップへ