内田朝陽×山田孝之 #TrustYourself

#TrustYourself は、俳優の内田朝陽さんと山田孝之さんが企画・出演・プロデュースしたロードムービー風ビジネスドキュメンタリーです。
2016年1月、ふたりはGoGetterz のPR企画として700万円の予算を託され、海外で自ら道を切り開き活躍している日本人ゴーゲッターを取材しドキュメンタリームービーを製作するために旅に出ました。同行はカメラマンだけ。飛行機はエコノミー。アポどり、スケジューリング、すべて自分たちでやるという役者さんにはレアな体験。学ぶことは人生を豊かにすること。そしてなにもかもが学びだ!とふたりは新しいチャレンジに挑みました。

7人のゴーゲッターに会いに LA、サンフランシスコ、ボストン、NY、そしてコロンビアへ、ぶっつけ本番のロードトリップが始まりました。

GoGetter#1
羽田からLAへ。最初のゴーゲッターは、マイク・シノザキさん。情報の最先端の国アメリカでなにかやってやろうと1978年に渡米。英語もしゃべれず仕事に就くのにも苦労した。しかし、起業し、今はアメリカで一番大きな日系製粉会社の社長をしています。

全米一の日系製粉会社になったシノザキさんの工場を見学

GoGetter#2
LA在住の岩波 智之さん。自分の地位や名前を使って人を助けられる男になることが人生の夢だった。その手段が音楽だと思い、ギターを抱えてLAへやってきた。ホームレスぎりぎりの暮らしゆえ生活のために始めたバイトからファッション・ビジネスの世界へ。ビジネスのほうが自分の夢をかなえるのに近道かもしれないと起業。紆余曲折を経て、自分の作品を生み出すことをライフワークに選ぶ。世界6か所に自分の店舗を持つことを目標に活動中。

「人を助けられる男になりたい」とLAにやってきた岩波さん。

GoGetter#3
LAから東海岸へ。ジン・シノザキさんに会いにボストンへ向かったふたり。名門バークリー音楽大学在学中、落ち込んでいた時にYouTubeで見たビートボックスの虜になり一生をビートボックスに賭けたい!と大学を中退。ストリートでのパフォーマンスが注目を浴び、昨年は全米チャンピオンに。世界トップランクのビートボクサーとして新たなキャリアを見出している。

#TrustYourself テーマソングにもジンさんのビートボックスが効いています!

GoGetter#4
ボストンのあとふたりは電車でNYへ。ハーレムに住む中鉢明子​さんが4人目のゴーゲッター。ヨーロッパ、アジア・南米・アフリカと世界30カ国を一人で旅してきた。アフリカでは野宿もした。ハーレム社会になじみ、グリーンカードをとってコマーシャルモデルとして活躍中。

アフリカでの野宿体験をばねにNYはハーレムを拠点に活躍する中鉢明子さん

GoGetter#5
NYを後にしてふたりは再びLAへ。5人目のゴーゲッターは、ヒーロー・ヒロカさん。ダンス修行をしていたころはホームレス。今はジャスティン・ ビーバーのミュージックビデオや全米ネットワークの有名番組に出演し、ダンサー&振付師として全米の注目を浴びている。人種や国境を超え世界に日本の素晴らしさを発信し、架け橋のような役割を担いたい。日本人ならではのハイブリッドなアート確立を目指している。

ホームレス経験を経て全米トップレベルのダンサー&振付師になったヒーロー・ヒロカさん。

GoGetter#6
LAからふたりはいったんアメリカを離れ、コロンビアへ。治安の悪いエリアも多い中、ラーメン屋を経営している秋山和泉​さんに会いに行った。記憶にないコロンビア人の実の父を探しにやってきて再会を果たし、コロンビアで暮らしていくことに。学生割引を取り入れ、地元で人気のラーメン屋に成長させた。

コロンビアで人気のラーメン屋を経営する秋山和泉さん

GoGetter#7
コロンビアからLAに戻ったふたりは、今度はレンタカーを運転してサンフランシスコへ380マイル(約610km )の旅。エンタテイメントで国際協力がしたい!と日本のコンテンツを世界へ発信している吉田猛​さんに会いにいった。

エンタメで国際協力を!サンフランシスコで活躍する吉田猛さん

苦労を乗り越えたから今がある。
それなのに苦労を苦労とも感じさせずに笑顔で語る7人の先輩ゴーゲッターたち。
自分たちが本当に会いたいと思った人達のもとへ、自分たちの力で会いに行ったふたり。本音の会話。役者としてではないふたりの姿。 素顔のふたりの魅力を在住の新鋭カメラマンが映像化。

「僕たちの企画、僕たちの体験、7人のゴーゲッターたちのストーリーが、
あなたの新しい一歩を踏み出すきっかけになれますように」

内田さんと山田さんの願いをこめて、2週間におよんだロードトリップは、"Trust Yourself(自分を信じて)" と名づけられました。#TrustYourself を見て、あなたも自分を信じて新しい一歩を踏み出してみませんか?