エキスパートについてAbout Expert

夢くらふと協会®

  • 日本 / 女性
  •   2コースのエキスパート

2011年:40歳から趣味としてバルーンアートを始める。

趣味を極め、独学で自己流バルーンドレスを製作。

高度な技術を必要とするため、難易度は計り知れない。

その才能で周囲を圧倒させ、後に“バルーン業界を変えた異端児”としてクローズアップされる。

2012年:使用後のバルーン再利用、しぼんだバルーンを編み込み、カラフルECOゴムを作る画期的な発想。

バルーンアートのゴミの削減に役立ち、アイディアと言う形で社会貢献。

さらに、風船のリサイクル工作【オリジナル雑貨】を考案。

2014年:一般社団法人「夢くらふと協会」を設立。

バルーンにすっかり魅了されたことで

“バルーンアートで夢と感動を与えること”が私の使命と感じ、協会を設立。

2014年:夢くらふと登録商標【組紐製作補助具】実用新案登録

使用後のバルーン再利用方法“夢くらふと”というオリジナル雑貨を登録商標。

リサイクルのバルーンECOゴム製作に必要なスタンドを発明、実用新案登録しました。

バルーンアーティストからクラフト作家、そして発明家としての才能も開花。

2015年:業界初の「認定キッズバルーンアーティスト制度」を設立し、バルーンアーティストを世に送り出す。

受講希望者が途絶えず、バルーンアーティストを輩出し、今日に至る。


夢くらふと協会は、バルーンアートの楽しさを日本全国のみなさまに発信し続け、

「人に喜びを与え、笑顔で感謝され、社会貢献やりがいのある、新しい生き方」を提案します。

【親子でバルーンアーティスト資格】も開講しており、親子の絆を深めるバックアップもしています。


■協会のこれからの目標

将来的な夢は、「バルーンだらけのテーマパークを作ること」です

バルーンアート展示・体験教室からパフォーマンスショーまでエンターテイメントに繰り広げたいと思っています。

他にも体験型アドベンチャーやバルーンドレスを着ての撮影できるの夢のバルーンランド施設建設が目標です。

よりバルーンアートの魅力、夢くらふとでリサイクル活動して社会貢献に取り組み、

バルーンアートを通じて、人々の創作や発想・感性を豊かにし、一人一人が輝く社会になるよう貢献することが日々の願いです。

現在、この理念に共感していただける個人様・法人問わず、ご支援・ご協力していただけるスポンサー様を募集しております。

▲ページトップへ