Start Course

【2018】だれでもできる!ZBrush Core で 3Dデジタル造形師になる! フィギュア造形初級編

Course Fee : ¥24,000 or Pay-As-You-Go

3Dデジタル原型師になる人のモデリングと3Dプリントの知識を学ぶ! 光硬化3Dプリンタ「Form2」での原型出力

Course Curriculum

Lesson 1

ZBrush Coreのインストール

Lesson 2

ZBrush Coreのインストール、アクティベーション

Lesson 3

言語設定、カメラ操作、イニシャライズ、ポリメッシュ...

Lesson 4

スカルプトの基礎

Lesson 5

キャラクターモデリング1 グリッドにスケッチを貼る

Lesson 6

キャラクターモデリング2 シンメトリーとラディアル...

Lesson 7

キャラクターモデリング3 ラディアルシンメトリーの...

Lesson 8

キャラクターモデリング5 マスクを使った造形

Lesson 9

キャラクターモデリング6 オブジェクトの追加ーアペ...

Lesson 10

キャラクターモデリング7 ダイナメッシュとディバイ...

Lesson 11

キャラクターモデリング8 ディバイドによるポリゴン...

Lesson 12

キャラクターモデリング9 ・hPolish

Lesson 13

キャラクターモデリング10 ・ギズモ使い方 ・ MASK...

Lesson 14

キャラクターモデリング11 ・腕の作り込み

Lesson 15

キャラクターモデリング12 ・翼の造形1 ・DamSta...

Lesson 16

キャラクターモデリング13 ・翼の造形2 ・DamSta...

Lesson 17

キャラクターモデリング14 ・ディバイドとサブディビ...

Lesson 18

キャラクターモデリング15 ・ BPR ベストプレビュー...

Lesson 19

キャラクターモデリング16 ・前半ーデザイン面につい...

Lesson 20

キャラクターモデリング17 ・生クリーム形状の造形方...

Lesson 21

キャラクターモデリング18 ・ラディアルシンメトリー...

Lesson 22

キャラクターモデリング19 ・続きです。さらに作り込...

Lesson 23

キャラクターモデリング20 ・再びマスク、抜き出し...

Lesson 24

補足のレクチャー

Lesson 25

キャラクターモデリング21 ・手ブレ補正 ストロー...

Lesson 26

キャラクターモデリング22 ・造形の細かいパーツを...

Lesson 27

キャラクターモデリング23 ・引き続きディテールア...

Lesson 28

キャラクターキャラクターモデリング24 ・帽子の造...

Lesson 29

キャラクターモデリング25 ・帽子の造形 リボンを...

Lesson 30

キャラクターモデリング26 ・帽子とリボンの合体

Lesson 31

キャラクターモデリング27 ・Move トポロジカルブ...

Lesson 32

キャラクターモデリング28 ・靴パーツのディテール...

Lesson 33

キャラクターモデリング29 ・マスクのストロークと...

Lesson 34

キャラクターキャラクターモデリング30 ・3Dプリン...

Lesson 1

3Dプリントの技術と知識1

Lesson 2

3Dプリンターで出力、Form2準備

Lesson 3

デザインデータを変更(技術的なレクチャーではあり...

Lesson 1

表面処理 サーフェイサーを吹く

Lesson 2

型取りのためのセッティング、配置の仕方

Lesson 3

シリコン型を作る

Lesson 1

ホワイトレジン(樹脂)を流し込み、複製を作る。

Lesson 1

ペイントモードの扱い方

Lesson 2

ペイントその1

Lesson 3

※「ポリメッシュ3D化」を使って問題を解決する

Lesson 4

ペイントその2

Lesson 5

ペイントその3

Course Overview

このコースは3Dデジタル造形の世界で主流となっているZBrushの機能制限版である「ZBrush Core」を使って、デジタル造形を行うための鉄板ワークフローをお伝えします。

私が実際にいくつかのデザイン専門学校や美術大学で講師を務める授業と同じワークフローなのですが、このワークフローで学ぶ学生さんは初回の授業の最初の一時間でとてもクオリティの高い3Dモデルを作ることができるようになります。

このワークフローをもとにして、

さらに便利な機能を少しづつ学ぶことで

実際に作品を作りながら学ぶことが可能ですから、

一気にマニュアルを叩き込むような、詰め込み式ではありません

 

まずは、なんでもいいので少しシンプルなキャラクターの

アイデアを考え、正面から見たところ、側面から見たところを描いてみてください。

このコースを終える頃には、きっとそのキャラクターは魅力的な3Dモデルとして、あなたの目の前にいることでしょう。

もちろん、既存のキャラクターで

トライしていただいてもかまいませんし、

私が描いた今回のキャラクターのスケッチを使っていただいてもかまいません。

またこのコースでは、最新の3Dプリンター「Form2」を用いて
デジタル原型を出力する工程のレクチャーも含まれています。
「Form2」は液体の樹脂を光で硬化させるタイプのプリンターで、

出力したのもを
そのまま原型として型取りに使えるほど
高い精度での出力を実現できます。

この「Form2」を扱うための「Preform」というフリーのソフトの扱い方
まとめてレクチャーをご用意しました。

さらに、「Form2」で出力した原型を、、、

○表面処理をする際のプロが教えるコツ。
○シリコン型での型取りマニュアル。
○カラーレジンでの複製。


などなど、デジタル原型の内容に止まらず
このコースのタイトルの通り、自分だけのフィギュアを作るのに
必要なほぼ全てのスキルに関してレクチャーを用意しています。

 

あわせて、アマゾンの電子書籍版の

当コースのガイドブックをご覧いただくと

よりわかりやすく

さらに理解を深めていただけると思います。

アマゾンのサイトで、

「zbrush core」で検索して、当コースの

トレードマークのひよこちゃんが表紙の本を

選びご購入・ダウンロードしていただけます。

3Dモデリングの内容だけなら「上巻」

3Dプリント、型取り、複製、カラーまで

アナログ的な内容も知りたいかたは「下巻」

をご覧ください。

 


これでもまだまだデジタル原型の、

アナログ作業のテクニックも
ほんの入り口です。

今後もさらに技術や知識を深めることができるようなコースを
作って行く予定です。



さあ!
一緒にデジタル造形を楽しみましょう!!

Requirements

  • パソコン
  • ZBrush Core
  • ペンんタブレット(推奨)

About Expert - welcome.zbush

長野県出身。

フリーランスの3DCGモデラーとして活動。
ロサンゼルスのデザインスタジオ《Bart Kresa Design》に日本人クリエイターとして参加し、アメリカ、インド、日本を始め世界中のプロジェクションマッピングのショーで用いる3DCGモデルの制作を手がけ、2015年のアメリカのミュージアムでのショーでは全シーンのアイディア構想も手がける。
2016年には日本国内最大のエンターテインメントショー
《ドラゴンクエストライブスペクタクルツアー》のプロジェクションマッピングの制作にも参加。
2017年
●題名のない音楽会5000回記念プロジェクションマッピング制作に参加
●サンマテオミュージアム150周年記念プロジェクションマッピング制作に参加

また現代美術の作品を制作する立体造形作家としても活動の幅を広げ、
3DCGによる立体造形や陶芸の粘土による作品を制作し、
個展やグループ展、アートフェアにて作品を展示。

またフリーのイラストレーター、キャラクターデザイナーとしても活動し、
ユニバーサルスタジオジャパンのキャラクターの衣装やイラストレーション、
プロジェクションマッピングなどアートワークに携わる。

京都造形芸術大学、大阪成蹊大学などで
デジタルモデリングの講師を勤める。

その他、関西を中心にZBrushを広めるためのセミナーや基礎講座を開催。

More Courses by welcome.zbush

User Reviews Write a Review

[[ review.learner_username ]]

[[ review.comments ]]

No Review(s)