IT企画研究所 西村由加利

(下方に、そろばんに関する経歴を記載)

<ITに関連する経歴>

これまでIT講師として、週に1度1年間を通してのクラスから1~2か月間2日に1回以上は担当するような研修クラス、数日や1日で修了するコースの担当まで、計5000人以上の受講生に講習をしてきました。具体的な仕事の履歴は・・・

・大学卒業後、日立製作所に入社、IT教育部門で顧客教育(C,FORTRAN,LISP,UNIXなど)を担当、研究所の英文構文解析システムの開発にも携わりました。

・退社後情報教育関連会社でトレーナー(C, UNIXなど)を続け、その後独立して専門学校の非常勤講師(X window system)や企業の新人教育などの講師活動(VC, VC++, VB, Accessなど)の他、CAIの開発、DBシステムのマニュアル制作などに携わると共に、大学院(理工学研究科 電子・情報工学分野)に入学、修士課程を修了(工学修士)しました。

・次に、マイクロソフトに入社し、前半は教育市場のマーケティングを後半は教育機関向け社会貢献プログラムを担当しました。

・その後IT系資格試験実施団体などを経て、再び独立(当初は会計ソフトの講習など)し2015年より屋号をIT企画研究所に改めました。

事業と並行して8年前から横浜市青葉区で子供向け科学工作教室を行うボランティア活動に携わっています。
また、2016年4月からYWS 横浜女性起業家スクエアのメンバーに加わりました。

 

<そろばんに関する経歴>

母が知人のお子さんのそろばんの指導を依頼されたのを機に、そのお子さんと一緒に、5才半のとき、母に師事する形で、ほぼ必然的にそろばんをはじめました。

その直後、母がそろばん塾を自宅で開業。

幼稚園年長で、現在の公益社団法人 全国珠算教育連盟(全珠連) 珠算検定3級合格、小学校2年で日本商工会議所主催(日商) 珠算検定2級合格、小学校4年で日商 1級合格、この前後に現在のテレビ朝日系の番組よりオファーがあり、暗算が得意な小学生として番組出演。

珠算検定では、最終的に高校1年で全珠連 8段を取得。

中学生時代までは、検定試験合格をめざす傍ら、地域のそろばん競技会に多数出場、優勝・入賞を多数経験しました。

高校生と大学生時代は、母のそろばん塾を手伝っていました。

就職後は、しばらくそろばんから離れるものの、再び三度と学生に戻った際などに、海外で行われているそろばん教育の視察や、日本で外国人にそろばん教育を行う団体へ訪問するなどの活動をときどき行っていました。

***

IT教育を中心とした活動を行っている現在、自分の得意な2つの分野・・・そろばんとIT・・・を融合して、ITの環境=udemyのオンラインコースで、そろばん教育を行っています。

No Result(s)
No Result(s)